世界の「子どもたちの支援」と「青少年育成」、NPO法人CFF(シーエフエフ)

ホーム

Caring for the Future Foundation Japan

ホーム

資料請求

マレーシア・スタディツアー

2010年春期 CFFスタディツアー参加者募集!

スタディツアーとは・・・普通の観光では行けない貧困地域、先住民の村、地元NGOなどの支援団体等を訪問していくツアー。世界が抱える問題と向き合い、現地の人々と交流し、世界を、自分をスタディしよう!

ツアー開催の背景

「平和」というと、その反対は何を思い浮かべますか?
戦争?、暴力?・・いろいろなアイデアがあるかもしれません。
CFFマレーシアのスタディツアーでは、その「平和」について多角的に捉えるためのプログラムを企画しています。
私たちのおじいちゃん、おばあちゃんの世代の人たちが現地で起こした戦争という社会状態、それだけでなく、今の私たちが普段何気なく使っているシャンプーや石鹸・様々な食品・便利で豊かな生活は、マレーシアの社会、とくに貧困などの社会問題や環境破壊と密接な関係があります。

戦争中、日本軍の残虐な行為の傷が今も癒えず、苦しんでいる人たちがいます。
国籍も無く「この世に存在しないことになっている」子どもたちがたくさんいます。
電気も水道もない貧しい村だけど、誇りと喜びに満ち溢れた人たちが沢山います。
それでも笑っている人たちがいます。

現在と過去と未来、個人と民族と国家、社会環境と自然環境、そして、富と貧。
いったい私たちはなにから「平和」を学び、その構築のために何が必要なのでしょうか?マレーシア社会とそこに関わる私たちとの関係からそんなことを考えたいと思います。

マレーシアが多民族、他宗教、多文化、多言語社会であるが故に、そこで起きている様々な社会問題の「現場」へ訪問します。マレーシアボルネオ島でのスタディツアーは観光で行くような場所にはほとんど行きません。

わたしたちがこれからの世界で生きていく上で、本当に必要なことが何なのかをこのツアーを通して知ることができるかもしれない、そんなツアーです。

開催の概要

詳細を見る

  第18回マレーシア・スタディツアー
日程 2017年8月16日(水)〜8月24日(木) 9日間

※全日程参加が原則です。

※現地集合・現地解散(州都コタキナバルのホテルを予定)
現地解散ですから自由度が高く、ツアーの前後に個人や友達と自由旅行もできます。CFFではがんばって自分で渡航してみるのも「スタディ」と考えています。ただし、不安な方は、プログラムリーダーと同じ便にのって渡航することもできます。詳しくはお気軽にご相談ください。

訪問地域 マレーシア ボルネオ島 サバ州、CFF「子どもの家」を含む。
内容
  • CFFマレーシア児童養護施設「子どもの家」訪問
  • ストリートチルドレン支援現場訪問
  • フィリピン不法移民集落、水上集落訪問、子どもたちとの交流
  • 障がい者福祉施設訪問
  • 村でのホームステイ
  • イスラム教寺院・キリスト教教会…など。
費用 11万8000円

参加費には現地滞在時の費用(ツアー期間中の宿泊費、食費、現地交通費、建築材購入費、プログラム費等、および申込金が含まれます。 パスポート取得の費用、マレーシア日本往復航空券、空港使用税、海外旅行保険、現地空港から集合場所までの交通費にかかる費用は含まれません。)

参加資格 15歳以上の健康の方
募集予定人員 18名程度

※先着順で、定員に達し次第締め切ります。

スタディツアーのプログラム構成

詳細を見る

【1】ツアー事前研修:全2回、どんな仲間と何をするの?深いツアーを築くために!

ツアーに先立ち、参加者どうしの顔合わせ、「マレーシア社会」「子ども」「ボランティア」などについての話し合い、出発前の詳しい渡航情報や現地での安全管理などの確認をみんなで行います。ここで疑問や、不安を解消させて、すっきり現地に向おう!

【2】スタディツアー:訪問・出会いと交流、シェアリングの旅

下記は過去のスタディツアーを元にした8日間のマレーシア・スタディツアーのスケジュールです。参考にしてください。

第1日目 コタキナバル集合

  • 集合
  • 夜:オリエンテーション
  • 泊:D’ビーチストリートロッジ

第2日目 コタキナバル市内

  • 知的障害児・者NGO訪問(養護学校と職業訓練校)
  • フィリピン人移民水上集落訪問と学校へ行けない子どもたちの支援NGO
  • 夜:振り返りシェアリング
    宿泊:D’ビーチストリートロッジ

第3日目 コタキナバル市内

  • ストリートチルドレン支援活動地訪問
  • 不法滞在集落訪問、そこに住む子どもたちとの交流
  • 夜:振り返りシェアリング
    宿泊:D’ビーチストリートロッジ

◎フィリピン人水上集落と学校に行けない子どもたちへの支援

フィリピン・ミンダナオ州から逃れてきたフィリピンのバジャウ民族、4000人規模の水上集落。移民である彼等は、貧困や様々な社会的要因により多くの子どもたちが学校に行けていません。ここで、5年ほど韓国のNGOがそういった子どもたちのために教育支援の塾を行っています。移民の子どもたちは、そこでどんな暮らしをし、どんな「夢」を描いているのか。

第4日目 コタキナバル →クンダサン

  • 教会とイスラム寺院訪問
  • 戦争慰霊碑の見学
  • 夜:振り返りシェアリング、宿泊:キナバル山麓のホテル

第5日目 クンダサン→パパールの地方農村へ

  • キナバル山麓の児童養護施設訪問、交流
  • 地方農村でホームステイ

第6日目 パパールの地方農村へ

  • 村散策と村人たちとの交流
  • 夜:振り返りシェアリング
    宿泊:地方農村でホームステイ

◎地方農村への訪問・ホームステイ

 

マレーシア・サバ州には約200種の先住民族がいます。スタディツアーでは、村の人たちと語り合ったり、たくさんの子どもたちと遊んだり、ゆったりとした時間を過ごします。またホームステイを通して自然と、独特の文化の中での暮らしを体験します。村の人たちの家族に仲間入りし、文化やコミュニケーションのカベを乗り越えて、暖かい時間を過ごしましょう。村の人たちの家族の絆や、私たちとの価値観の違いを感じることができるでしょう。

第7,8日目 パパール:CFFマレーシア

  • CFFマレーシア「子どもの家」
  • ピースセミナー:現地戦争体験者との平和対談
  • 夜:振り返りシェアリング
    宿泊:CFFマレーシア「子どもの家」バンブーハウス

第9日目 パパール→コタキナバル

  • 早朝、CFFマレーシア「子どもの家」出発
  • コタキナバルの空港にて解散


【3】事後研修:全2回、帰国してからが本当のはじまり

CFFのツアーは「現地に行って、帰ってきたら終わり。」ではありません。現地での経験、感じたことや、学んだことをふりかえり、これからの自分の生かしていきます。みんなとの再会も楽しみ。

CFFマレーシア・スタディツアーの特徴

詳細を見る

あちこち訪問+人々との出会い

 

ワークキャンプは1カ所に深く関わるのに対して、スタディツアーは多くの場所を訪問し、たくさんの人々に出会います。さまざまな視点で社会を総体として広くみることができます。日本での自分の将来に活かせるような、たくさんの豊かな出会いと学びがあるように願っています。

 

 

平和とは何か、多角的に捉える

ボルネオ島では現在、国家間での戦争も内戦もありません。しかし、戦争がない状態だけが果たして「平和」でしょうか?このツアーでは、マレーシアの多民族・他宗教社会、2020年先進国入りを果たそうとする中での社会の光影、移民の問題等を背景に、国家、民族、宗教、福祉、環境、経済、人権、など、より多くの視点で「平和」を捉えてみようと考えています。平和を構成する要素とは何か?そして、それは日本や他の国・地域でもどのように創っていけるのか?マレーシアの社会や人々から学びます。

深?いシェア、語り合い

 

CFFのスタディツアーでは「シェア(考えや気持ちを分かち合うこと)」を大切にしています。訪問先での体験や考えたことを、参加者どうしシェアすることによって、自分とは異なる視点や新しい発見があり、誰に教えられるわけでなくとも自分自身でいろんなことに気づいていき、学びがより深く確かになります。また、日々語り合い気持ちを分かち合うことで、きっとずっと忘れない仲間ができるでしょう。

「現地集合・現地解散」を活かせる!

コタキナバルのホテルに集合解散です。最安値航空券にトライするもよし、他の国にも足をのばすもよし、親しくなったマレーシアを旅してまわるもよし、友達と一緒に行くもよし、一人で不安な方はプログラムリーダーと同じ便を利用して、空港(日本)で集合、一緒に行って帰って来るもよしです。

準備万全 事前研修で安心

 

プログラムリーダーや過去の参加経験者が中心になって準備するワークショップ型の事前研修があります。原則として参加してください(遠距離などで参加できない方はご相談くださいね)。マレーシアについて、子どもについて、自分自身について、現地集合場所までの行き方(重要!)や詳細情報などを、みんなで話し合ったり、確認したりします。(日程など詳細はお問い合わせください)

ツアー中の生活環境

詳細を見る

  • コタキナバルに集合後、プロの運転手が運転するバンやバスで北上し、あちこちを回ります。
  • 宿泊は、その日によって異なります。ホテルもあれば、地区のホールやホームステイなどもある予定です。いろんな場所を体験してみよう。
  • 食事もさまざま。マレーシアも基本的にお米が主食なので日本人の口に合いやすいようです。おいしい!
  • シャワーは、各宿泊施設に準備していますが、いずれも日本ほど便利なものではありません。でもそれが現地のライフスタイル、ぜひ挑戦してみよう。
  • 飲料水に関しては、ペットボトルのミネラルウォーターのみ飲むことにします。

※その他にもスタディツアーに関する詳しい情報を「申込前資料」で説明しています。下記からご請求くださいね。

参加者からの声

詳細を見る


「出会った仲間と、得た経験から自分が日本で行動できることがある」

CFFマレーシア・スタディツアー

大学1年の夏休みに参加 高橋あゆみ
 

Q, 現地で特に印象に残っていることは何ですか?」

 戦争慰霊碑訪問とピースセミナー(現地の戦争体験者の話を聞く時間)です。はじ
めて日本人以外から第二次大戦の話を聞いてショックを受けました。また同時に、
ピースセミナーを通して、これから世界の国々と良い関係を作っていきたい。と思う
ようになりました。「平和」ということを考えたとき、ひとりひとりの力が積み重なって
いけば、良い関係が作っていけるんだ。と信じれるようになりました。
現地の人との出会いを通して通して、どんな人も本当に大切にしているものは一緒
で、お互い良い関係を作ることはシンプルで良いんだなということを実感できました。

Q, 参加してから変わったこと、現地で得られたものはありますか?

 不法移民の子ども(マレーシアに移民して来たフィリピン人の子ども。貧しいが故に
ビザを取得することもできず、自国に戻ることもできない。)と出会ったことで、その国
の人として認められていることがいかに幸せで尊いことか感じることができました。
  また、私たち自身がそれにより教育を受けられているということ、それが当たり前で
ないということを実感し、教育を受けられることへの感謝を感じました。
  日本に帰ってからも、与えられた一日一日を大切にするようになり、知ることや学ぶ
ことにも感謝しなきゃなと思うようになりました。マレーシアでの経験や子どもたちとの
出会いにいまも励まされています。

Q, CFFの魅力ってどんなところですか?

 シェアリング(感じたことや気づいたことを話し合う時間)を大切にしていることです。
あの時間は、みんなが平等で、みんなが活躍できる場だと感じています。みんなのび
のびと自分の思いを話せる良い時間でした。また日本国内でも活動が盛んで、帰って
来てから、現地で感じた思いを形に出来る場があることです。行ったきりで終わらない。
出会った仲間と、得た経験から自分が日本で行動できる場があるのは魅力的でした。

※その他の参加者の声は、こちら

 

ワークキャンプ/スタディツアーへのお申込方法

詳細を見る

  1. 下記の請求フォームから資料を請求し、到着を待つ(資料の請求・送付は無料)。
  2. 資料に同封されている「参加申込書」をCFFの提携旅行代理店のマイチケットにFAXで送る。もしくはwebでの申込も可。詳細は資料をご覧下さい。
  3. 申込金(参加費の一部)を指定の口座に振込む(この時点で受付終了です)。

※申込書の送付先や申込金の振込先などは、申し込み用紙提出後にお伝えします。

※お申込み前に、資料をよく読み内容や主旨を理解してください(随時、説明会もあります)。わからないことや不安なことがあったら、CFF事務局に連絡して相談できます。

※受付完了後、出発までの準備についての情報がマイチケットより届きます。その後、事前研修に参加、スタッフに相談しながら出発の準備を進めます。

資料請求フォーム

資料をお送りします(無料)。間違えのないように確かな情報をご記入ください。
万一、2週間たっても資料が届かない場合、お手数ですが、CFF事務局にご連絡ください。

CFF海外ボランティア・プログラム参加者募集中!!

特定非営利活動法人 ケアリングフォーザフューチャーファンデーションジャパン(CFF)

ホーム

〒170-0005 東京都豊島区南大塚 3-45-7 ラインビル301

ページトップヘ