【延長】事務局勤務体制の一時縮小と在宅勤務

コロナウイルス感染症に関する取り組みとして、CFFジャパン事務局では、2021年1月以降も少なくとも3月までは、これまでに引き続き勤務体制を縮小するとともに、在宅勤務を基本としています。

ご来訪やお電話に出られないことが多く、留守番電話の確認も時間を要することがありますので、ご連絡はなるべくメール(info@cffjapan.org)等でお願い致します。また郵送物の確認や発送などには時間を要することがあります。ご迷惑をおかけしますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

———————
2020年は、コロナウイルス感染症により、海外ボランティアプログラム等の当団体の事業活動にとってもかつてないほど大きな影響や障害が生じた年となりました。2021年も、その影響が続く年になると予想されますが、さまざまな取り組みを探り準備していますので、ご理解とご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。